もしもの時の事故対応、ダイレクト型と代理店型どちらが安心?

自動車保険の真価が問われるのは事故対応です。

 

この対応力の差を保険の選び方で重視したい点です。

 

自動車保険をチャネル別にみるとダイレクト型と代理店型がありますが、安心度で言えば対面式の代理店の方に利があります。
担当者とは加入の際に顔も分かっており、事情も把握してもらいやすい点もあります。

 

 

事故を起こすと気が動転するものですが、あの担当者に連絡すれば良いというのは、それだけも安心できるものです。
その点でダイレクト型は専任制を敷き、24時間365日対応しています。

 

しかし、ここで気をつけたいのは受付と対応に差があることです。

受付は事故の情報を受けたというだけで、対応とは言えません。
最近ではチーム制など対応力を充実させているところもありますが、誰がつくのかは連絡次第です。
そうした理由から代理店の方が安心と言えるのですが、代理店を選ぶ際にも注意点があります。
それは専属などの直の代理店と販売代理店の違いです。

 

販売の窓口になっている代理店は事故の対応も保険会社任せになりますが、保険会社と直の代理店であれば、直接対応してくれます。
土日の対応なども気になるところで、代理店経由で加入する際は対応時間もチェックすることが大切です。

コメントを受け付けておりません。