拠点数で選ぶか、保険契約1件あたりの拠点数で選ぶか

自動車保険契約をする際にはまず、代理店系かするか保険料の安さが売りの通販型にするかを考えてから、どの会社の保険料や事故後の保険金平均支払い所要日数・事故対応の良いかなどを考えます。

 

よく「顧客満足度調査ナンバー1とか何%」というキャッチコピーがCMなどで流れていますが、事故対応などの評判はその数字ではかることができます。

 

とはいえ通販型の自動車保険には、しっかりとした事故対応をしてくれないのではないかという疑問をもたれる方が多いようです。

 

そう思う原因の一つに、事故の損害確認・示談交渉・保険金額の決定や支払などの活動をする場所の数があり、多い程安心できるイメージがあります。

 

ただし、単なる受付のサービスセンターも数に入れて発表している保険会社もあるので注意しましょう。

 

そして数だけを見ると確かに、代理店系の方が通販型よりは多いようです。

 

でも保険料を見ると代理店系の方がかなり高くなていますし、保険契約1件あたりの拠点数を比較すると2つの差はあまりないという数字もでてます。

 

また数が多いからといっても近くになければ意味がありませんので、自分が良く使うエリアに事故処理の活動拠点がありさえすれば、保険会社による数の違いはあまり気にせずサービスや保険料などを比べて通販型か代理店系にするかを選べば良いと思います。

コメントを受け付けておりません。