ダイレクト型と代理店型、事故対応に違いはある?

近年、インターネットの普及により、自動車保険をインターネットで見積もり、契約を行うケースが増えています。
こうした保険の契約形態を一般にダイレクト型と呼びますが、従来の営業員等を経由して契約していた代理店型との
大きな違いに保険料の安さがあります。この保険料が安いというメリットが大きく、広く普及したと言えます。
しかし相手の顔を見ずに契約しているので、万一交通事故が発生した時に、十分な対応をしてくれるのか不安、
という意見もあります。

 

しかし実際のところ、結論から先言いうと、ダイレクト型の保険と従来の代理店型の保険において、万一の時の
事故対応に差はありません。

 

どちらの場合も事故発生時には、専用受付電話に電話するというやり方で、担当者がしっかりと対応してくれます。
インターネットという媒体を通して保険契約者を募集しているだけで、事故等で保険金が必要になる場合や、相手方との
示談交渉などは保険会社が対応してくれるので、保険料が安いからといっていい加減な対応をする、
ということはありませんので、安心して契約できます。

 

今後もパソコンやスマートホンといった、インターネット経由での自動車保険契約数は増えていくと予想されています。

コメントを受け付けておりません。